サッカーブログをつくろう!

アーセナル、本田圭佑の獲得を狙い14億円の正式オファーを提示か

アーセナルが、CSKAモスクワに所属する日本代表MF本田圭佑を獲得するために、1300万ユーロ(約14億円)の正式オファーを提示したとロシアメディア『Life Sports』が報じている。

 アーセナルは今夏、スペイン代表MFのセスク・ファブレガスをバルセロナへ放出。フランス代表MFサミール・ナスリの移籍も時間の問題だと見られている。主力級の選手を失い新戦力獲得の必要性が指摘される中、ワールドカップで活躍してチャンピオンズリーグでの実績もある本田に白羽の矢が立った模様だ。

 本田自身、以前から世界最高峰のリーグでのプレーを熱望。イングランド屈指の強豪として知られるアーセナルは格好の移籍先だ。長年、アーセナルが抱える問題点のひとつであるセットプレーでのキッカー役を務められる点もプラス。

 とはいえ、本田はCSKAモスクワとの契約を2013年まで残している。そしてクラブ側は貴重な戦力である本田の放出を希望していない。移籍のためには高額の移籍金が必要であるとされてきたため、CSKAモスクワがアーセナルのオファー額に満足するかどうかがひとつの焦点となりそうだ。


アーセナルの移籍報道多いですね〜。
本田の移籍報道も半端じゃなく多いんですが笑
このオファー現実になればいいですね!



バルセロナ、スーペルコパ制す。




メッシの独壇場でしたね。
1点目のスルーパスすごかったです。

アーセナルのエブエがガラタサライへ移籍

ガラタサライは、アーセナルからコートジボワール代表DFのエマニュエル・エブエを獲得したと発表した。契約期間は4年で、移籍金は350万ユーロ(約4億円)。

 エブエは2005年にアーセナルへ加入すると、主に右サイドバックとして活躍。しかし、ダイナミックなドリブルで相手守備陣を切り裂いたかと思うと、明後日の方向へシュートを打ってしまうなど、ムラのあるプレー振りが目立ち、徐々に出場機会を減らしていった。

 とはいえ、エブエは常に笑顔を絶やさないことをモットーとし、今夏のトレーニングでは日本人FW宮市亮と笑顔でコミュニケーションをとる写真がクラブの公式HPで公開されるなどチームメートから慕われ、ファンから愛される存在。ムードメーカーとして存在感を発揮していたエブエの移籍を惜しむ声も少なからず上がっている。


セスクの次はエブエが移籍ですか! ナスリも移籍濃厚だそうで・・・
今季のアーセナルどうなんでしょう。ビッグ4から落ちてしまうのでは!?
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。