海外日本人選手 - サッカーブログをつくろう!

長谷部ゴールも、ボルシアMGに逆転負け

19日に行われたブンデスリーガ第3節、ボルシア・メンヒェングラッドバッハ対ヴォルフスブルクの一戦は、4−1でホームのボルシアMGが勝利した。

ヴォルフスブルクは、中盤をダイヤモンド型にした4−4−2で試合に臨む。そのトップ下を任されたのが、これまで右サイドバックを務めることが多かった長谷部だった。

攻撃的な役割を担うことになった長谷部は、序盤からキレのある動きを披露すると、12分に早くも結果を残す。左サイドのヘルメスがペナルティーエリア右に柔らかいクロスを入れると、トレシュがマイナス方向へ落とした。このボールに長谷部がダイレクトで合わせると、低くおさえたシュートがゴール右隅に突き刺さっている。

しかし、その後はヴォルフスブルクの守備のもろさが目立つ展開に。長谷部の先制点からわずか3分、最終ラインのケアーがボールを持っているときに転倒してしまい、ボルシアMGに同点ゴールを献上した。31分には、サリハミジッチと交代で入ったDFシュルツェがロイスに突破を許すと、エリア内でファウル。このPKをデームスに決められた。前半終了間際には、CKからボバディージャにフリーでヘディングを許してしまい、1−3となってハーフタイムを迎える。

後半に入っても、ヴォルフスブルクは安定しない。ボルシアMG攻撃陣を止めることができず、危険な場面が続いた。GKベナーリオの好守により、かろうじて2点差を維持した形だ。しかし、流れをつかめないままいると、67分に試合を決定づける一発が決まる。右サイドからのクロスにロイスが合わせて、ボルシアMGが4点目を挙げた。

80分には、長谷部のパスがヘルメスの決定機を演出したものの、これもゴールにはならず。ヴォルフスブルクは反撃のきっかけをつかめないまま、1−4で敗れた。






右サイドバックからトップ下まですごいですね!
長谷部みたいなユーティリティーな選手がいると監督はすごい助かるでしょうね!!


アーセナル、本田圭佑の獲得を狙い14億円の正式オファーを提示か

アーセナルが、CSKAモスクワに所属する日本代表MF本田圭佑を獲得するために、1300万ユーロ(約14億円)の正式オファーを提示したとロシアメディア『Life Sports』が報じている。

 アーセナルは今夏、スペイン代表MFのセスク・ファブレガスをバルセロナへ放出。フランス代表MFサミール・ナスリの移籍も時間の問題だと見られている。主力級の選手を失い新戦力獲得の必要性が指摘される中、ワールドカップで活躍してチャンピオンズリーグでの実績もある本田に白羽の矢が立った模様だ。

 本田自身、以前から世界最高峰のリーグでのプレーを熱望。イングランド屈指の強豪として知られるアーセナルは格好の移籍先だ。長年、アーセナルが抱える問題点のひとつであるセットプレーでのキッカー役を務められる点もプラス。

 とはいえ、本田はCSKAモスクワとの契約を2013年まで残している。そしてクラブ側は貴重な戦力である本田の放出を希望していない。移籍のためには高額の移籍金が必要であるとされてきたため、CSKAモスクワがアーセナルのオファー額に満足するかどうかがひとつの焦点となりそうだ。


アーセナルの移籍報道多いですね〜。
本田の移籍報道も半端じゃなく多いんですが笑
このオファー現実になればいいですね!

シュツットガルト岡崎、開幕ゴール!

岡崎慎司 ブンデス開幕戦ゴール! [2011/08/06]ブンデスリーガ(6日、シュツットガルトほか)シュツットガルトの日本代表FW岡崎慎司(25)が6日、シャルケとの今季開幕戦(ホーム)に後半34分から途中出場。同44分に左足弾を決め、3−0の白星発進に貢献した。幸先よくスタートを切った岡崎は、10日の日本代表・韓国戦(札幌ド)に勢いを持ち込む。シャルケの同DF内田篤人(23)はベンチ入りしたが、出番はなかった。

2−0の後半34分にピッチに立つと、10分後の試合終了間際、左からのロングパスを受けると中に切れ込んで相手DFのマークを外し、ペナルティーエリアの外から左足を一閃。強烈なシュートはゴール左隅へと吸い込まれた。

 「自分としてはいいコンディションで来ていたので、思い切りやろうと思っていた。それがゴールにつながった」。鮮やかな開幕弾にチームメートからもみくちゃにされ、笑顔が弾けた。

 昨季は12試合で2得点。途中入団だが、決して満足できる1年目ではなかった。2年目にかける思いは強かった。開幕戦からフル稼働するつもりでいたものの、この日は相手のDF内田と同様にベンチスタート。それでも、チャンスを虎視眈々(たんたん)とうかがっていた。開幕前に右足首を痛めて心配されたが、もう心配はない。10日には日本代表として韓国戦が待ち受ける。勢いをそのままに、岡崎がライバル撃破に挑む。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。